ミッドランドスクエア 紫野和久傳

Pocket


お父さんありがとう。


二回目の紫野和久傳。


写真が証拠、一人で食べている。
はじめてであろう、名刺の力学。

本人の証拠。

名刺を信じるわけがない。
値段次第、名刺代わりの力学。

世間様が親身になる。
世間体の化身。
名刺の化身。

組織を信じる必要がない。
名刺を気にする必要はない。

値段を気にすればよい。
世間体を気にする必要はない。

プーだろ。
「印鑑はここ。」

お金があるならば売上トップを信じる必要がある。
売上トップの、名刺代わり。

誰を信じるのか分からない。
名刺代わりの力学の。

プーは値札を見ることもできない。
値段は関係ない、名刺代わりの力学の。

名刺の力学。

名刺の力学がいらない。
名刺代わりの力学。

客層に意味がある

木を見て森を見ず。
名刺代わりの力学が試す。

禁治産者が値段を気にするわけがない。
客層を気にするわけがない。

どこの誰だか分からない。
主婦が名刺を配る。
名刺代わりの力学を信じるわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です