フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年

Pocket


「萩にスタバがある?」
フレッシュブルーベリー&ヨーグルトレアチーズケーキと。
美術館の帰路に立ち寄る。

どこでお茶を飲んでいいのか分からない。
萩にスタバのニーズが生まれる。

どこかで見た記憶があるセーヴルの陶器。
いつか思うときの証拠がパンフレット。

パンフレットを30ポケットのクリアブックに
はさもうとするけれど。

死ぬまでに美術館に30回は行く。
「30回も行かない。」

普通にパンフレットをクリアファイルにはさむ。
「誰かが捨てるよ。」

趣味がいらない。
おふくろが言っている。

ケーブルテレビの風景印220景の
マネのような気がしてくる。
確かに馬の骨のパパ代わりが関心を持つ。

趣味がいらない。
おふくろが言っている。

どこかの馬の骨か分からないパパ代わりが
いらないから仕事はいらない。
パパが言わせている。

美術館に30回は行けない。
人生観が生まれる。

パンフレットが30枚たまったら
捨てる強い意思がいる。

固定観念はいらない。
天命が生まれる。

チキンラーメンもマネのような気がしてくる。
チキンラーメンしか食べない強い意思が少し生まれる。

収集癖がいらない。
誰かが捨てる。
おふくろが捨てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です