夕暮れ価格の山口ゆめ花博

Pocket


平松加奈のバイオリンが聞こえている。

「六本木ヒルズのTSUTAYAで見たことある。」
「あー、バイオリニストの。」

「熱血テレビで最近見たことがある。」
最近は大げさである。

「あの下松出身の。」
「あー、痩せていて、髪の長い。」
「そう。」

「あれ、じゃない。」

これ、が聞こえる。
花は、花は、花は咲く~♪

このCD。

職域のある女は太る。
職業があるから太っている女が寄ってくる。

職域のある男には
痩せている女が寄ってくる。

大卒と思っている作業服が職域の友人が
太っている女と結婚する。

友人のパパにお金がないわけがないと
思っているから専門学校卒が大卒に見える。

高校時代の成績が大卒に見せる。

さらに一回り太っている女が寄ってくる。
専門学校卒と思われる農家のせがれである。

ブスがいらないからウスが寄ってくる。
キネとウス、餅つき。

ウスも寄ってこないからオッスが寄ってくる。
職業のないおじさんです。

職業があっても仕事がないから意味がない。
農家のおばあさんが言わせている。

個人事業主に意味がない。
仕事のある証が見たい。
斎藤一人が言っている。

ウズラの持論である。
ズラだから誰も寄ってこない。

嘘つき。

個人事業主だから誰も寄ってこない。
高校時代の成績が農家のせがれに見せる。

高卒に意味がないから
土方にお金がある。

高卒にトイレ掃除が届かないから
みんなでフットサルをする。

上場企業の役員が待っている。

「フットサルを続ければよかったのに。」
吉澤ひとみを久しぶりにテレビで見る。

チース。

つんくが声を失う。
パパ代わりはしゃべれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です